1.積水ハウスグループ

積和不動産東北株式会社は、住宅業界のTOPメーカー「積水ハウス」のグループ企業として、東北エリアの不動産部門を担っています。
「賃貸管理事業」では、積水ハウスが建築する賃貸住宅「シャーメゾン」について、経営の計画段階から長年に亘って管理運営をトータルサポート。さらに、不動産の「仲介事業」、「不動産販売事業」や、「リフォーム事業」も行なう、不動産の専門企業です。

積水ハウスグループ

  • 積水ハウス株式会社

    住宅・各種建築物、開発事業の企画・設計・施工・請負及び監理

  • 不動産部門 積和不動産/全国7社

    不動産の管理・運営・PM事業・売買仲介・分譲、リフォーム等

  • 施工部門 積和建設/全国18社

    住宅の建築・請負、リフォーム、エクステリア等

  • 積水ハウスリフォーム/全国3社

    リフォーム等

積和グランドマスト株式会社/積水ハウスフィナンシャルサービス株式会社/
MAST賃貸センター株式会社/積和トータルサポート株式会社/積水ハウス信託株式会社 他

2.高い知名度

「MAST」は、積和不動産グループにおける賃貸事業の総合ブランド。全国各地に拠点展開しているほか、物件情報サイトや、「あなたのお部屋見つかりMAST」でおなじみのCMなど幅広いメディアによって、高い認知度を維持しています。
積水ハウスの高品質な賃貸住宅(シャーメゾン)の管理だけでなく、オーナー様、入居者様のための様々なサービスを提供。また、その知名度とグループの総合力を活かした土地・アパート・マンション・一戸建ての分譲・販売、プレミアム賃貸住宅をはじめとする様々な土地活用を提案しています。

3.成長力・将来性

日本の世帯数は今後減少傾向にあり、2030年に向けて夫婦だけの世帯や単身世帯が増えると予想されています。※
「小さな家族」や「ひとり暮らし」が増えれば、家族や暮らしの変化に対応しやすい賃貸住宅へのニーズは高まっていくでしょう。入居者様に「選ばれる」質の高い住空間とサービスを提供し、オーナー様の資産価値を保ち続ける提案力がますます重要になっていきます。
また、高齢化に伴って、空家・空地を含む不動産の活用が社会的課題になるとも考えられます。だからこそ積和不動産東北の、実積に裏づけられたコンサルティング力が、成長の原動力になるのです。

※国立社会保障・人口問題研究所 「日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)」より

4.ストックビジネス

「住まい」は、人の暮らしに不可欠なもの。当社の主力事業である賃貸住宅管理は、電気やガスなどのインフラと同じように、入居者様が住み続ける限り安定した収益を生むストックビジネスです。
賃貸住宅の管理に留まらず、オーナー様の資産の組み換え(不動産の売買)や、継続的な不動産活用のコンサルティング、入居者様が戸建て・分譲マンション等を購入する際のサポートなど、ひとりひとりのお客様と長期にわたって信頼関係を結ぶビジネスモデルは、不動産売買・活用の事業分野でもストック型であるといえます。

ストックビジネスとフロービジネスの違い

  • フロービジネス

    その都度、お客様を集め、取引し収益を得るビジネス

    例)小売業・飲食店・賃貸仲介

    売上に波がある

  • ストックビジネス

    一定の利用者がいれば、継続的に収入が得られるビジネス

    例)電力会社・ガス会社・水道局

    安定した収入

5.お客様との信頼関係

当社の一番の資産は、信頼です。高品質な賃貸住宅とサービスで、あるいは安定した賃貸経営や不動産の売買で、積水ハウスがつくる住まいで、入居者様・オーナー様の期待にお応えしてきました。お一人おひとりの「お客様満足」の積み重ねによって、信頼を築いてきたのです。
入居者様のお引越しの際にまた積和不動産をお選びいただいたり、オーナー様にお知り合いをご紹介をいただいて不動産の取引をサポートしたり、マイホーム新築の際に当社にご相談をいただくなどの事例は少なくありません。
不動産は、地域に密着した分野であるともいえます。不動産の専門企業としての信頼感が、東北エリアにおける事業の基盤を固めています。

積和不動産東北では、営業職および事務職を募集しています。
勤務条件など詳しくは、下記「募集要項」をご覧ください。