幅広いスキルを身につけ、
不動産のプロフェッショナルへ。

当社の仕事では、スキルアップのために資格が重要な意味を持ちます。不動産の取引は高額で法律や金融の知識も必要ですから、「宅地建物取引士(宅建士)」の国家資格と知識が必要な場面があります。また、賃貸住宅の一括借上の際オーナー様に重要事項を説明できるのは「賃貸不動産経営管理士」のみ。資格を持つことで仕事の領域が広がるともいえます。当社には社員の資格取得をバックアップする体制が整っているので、ぜひチャレンジしてみてください。

営業職のキャリアプラン

部署や職務によって役職の呼び名は変わりますが、それぞれの職階は明確です。個人差はありますが、新卒社員の場合、早い人で入社してから7~8年で営業所長・店長へとキャリアアップしています。また、希望があれば賃貸営業から仲介営業へ、内務から営業へ等の転向も考慮されます。幅広いスキルを身につけ、不動産の専門家として成長していってください。

キャリアアップの実例
(桑島所長の場合/1994年内務で入社)

1994年

入社(賃貸事業部内務)

入社後、システム運用の技能を活かし、賃貸住宅の家賃の集送金や工事代の支払いなど、賃貸事業部全体の収支を担う。

2006年

大阪出向(プロジェクト派遣)

グループ各社から選任されたメンバーが大阪本社に出向し、積和不動産グループ全体の基幹システム開発プロジェクトを遂行。

2008年

派遣解除

積和不動産東北本社に戻り、再び賃貸事業部内務へ。

2011年

郡山賃貸営業所に異動

内務から営業に転向し、郡山営業所に異動。「上司がキャリアアップのチャンスをくれた」と振り返る。

2013年

仙台賃貸営業部南店に異動 店長に昇進

仙台南店異動とともに、店長に昇進。

2018年

福島賃貸営業所に異動 所長

仙台南店から異動の間際に、オーナー様から「あなたがいなくなったらどうするの」と異動を惜しむお電話をいただのは、営業冥利に尽きる嬉しい出来事だった。

積和不動産東北では、営業職および事務職を募集しています。
勤務条件など詳しくは、下記「募集要項」をご覧ください。