STAFF INTERVIEW1

 

賃貸物件を
マネジメントするプロとして、
長期的な視点で提案を行います。

福島賃貸営業部/営業

鈴木 克哉

KATSUYA SUZUKI

2017年 新卒入社

物件の立地、学区、市場のニーズを考え合わせ、
必要な策を実現していく過程が、仕事の醍醐味。

賃貸営業が直接会うのはシャーメゾンのオーナー様が多いです。経営方針を話し合い、入居率を高めるために例えばグレードアップのご提案などをしていきます。私が所属する福島賃貸営業所は、福島市を中心に約4,000戸以上の物件を管理しており、そのうち私の担当が800戸ほど。入居者様のトラブルの解決にあたることもありますし、物件を仲介してくれるMAST特約店様への営業活動も行います。
オーナー様に対する当社の命題は、入居率を高めて資産価値を保つことです。その為に、物件の魅力を高めるリフォームの提案を行うことも、大切な仕事の一つです。オーナー様又は入居者様から、信頼や共感を得られた時にこの仕事の醍醐味を感じます。
賃料相場や、住まいに求められる設備は、常に変化しています。細かい情報や全国規模での動向に幅広く関心を持つことが不可欠であり、経験を積む度に成長できる仕事です。

「住」へのニーズはなくならない。
それが、就職活動のポイントでした。

大学では地域構想を専攻していたんです。知人に色々話を聞いたりもして、不動産業界に絞って就職活動をしていました。「住」に関わる仕事の魅力は人の生活の基盤になるということ。就職活動をする上でも、そのモノが売れなくなったら終わるような会社は選びたくないと考えていました。賃貸住宅や不動産は、社会からのニーズがなくなることがありません。それに自分も入居者の一人ですから、家賃設定や設備の提案をするにも実感を基にお話しできます。
積和不動産東北を選んだのは、会社の規模と安定感が決め手でした。就活中は無我夢中だったのであまり考えませんでしたが、入社してから、知名度の高さや福利厚生が充実していることの有難さを実感しています。業界や仕事ももちろん大事ですが、どの会社を選ぶかはとても大事だと、今だから思います。

学生へのメッセージ

就職活動で、自分がやりたい事や
向いていることは何かを
見つめ直せました。

就職活動において、学生生活でのアルバイト・サークル活動・日々の学習などの経験は全て武器に出来ると思います。自分の長所や短所を見つめ直すきっかけにもなりますので、ありのままの自分をアピールして頑張ってください。

1日の仕事の流れ

9:00

始業・朝礼

ラジオ体操で体をほぐしたら朝礼。さらに営業所内でスケジュールの確認をします。

9:15

アポイントは午前中が中心

午前中のアポイントを希望されるオーナー様が多く、担当エリアが遠いこともあって、午前中は早い時間から外出。社内に居るときは書類の作成などをしています。

12:00

ランチ

外出の流れで外食することがほとんど。

13:00

午後はそのまま特約店まわりへ

オーナー様訪問のほか、特約店への訪問、退去した物件のチェックなどをこなします。合間に明日のアポイントなども。

17:00

会社に戻る

明日の予定を整理して、アポイントに必要な資料の準備などを行います。

19:00

退社

OFF style

休日は友人と食事をしたり、
一人でドライブをしたり

 

休日はスイッチを完全にオフにして、気ままに過ごしています。
友人と時間が合えば食事に行ったり、会社の同僚、先輩と遊んだり、ふらっとドライブに行ったりと、英気を養います。
休暇もとりやすい会社なので、旅行に行ったりもします。

積和不動産東北では、営業職および事務職を募集しています。
勤務条件など詳しくは、下記「募集要項」をご覧ください。