STAFF INTERVIEW4

 

責任があり、緊張感があり、
人の役に立っている
実感があります。

仙台仲介営業部 仙台南営業所所長代理

秋村 空

TAKASHI AKIMURA

2013年 中途入社

不動産の売買に関わる責任を感じ、
今も取引のたびに緊張します。

仲介事業は、土地・建物を売却する時、購入される時のお手伝いをする仕事です。当社は売買を仲介するだけではなく、オーナー様のライフプランや税務状況をしっかりお聞かせいただいて、様々な可能性をご提示するスタンスに特徴があります。ご希望の条件に沿えるよう対応することは当然ですが、場合によっては「売らない」というご提案をすることすらあります。建物を建てたり、賃貸住宅にして一括借上することも可能です。積水ハウスグループの総合力が背景にありますから、提案の幅が広いんです。積水ハウスで新築される方への紹介も多いですし、全国組織ですから遠方からのご相談にも応じられるのも強みです。
不動産売買は、資産に関わる大きなプロジェクトです。オーナー様からライフプランや住み替えのご相談を一貫して受けることもあります。売った後の住まいや支払いの段取りにまで踏み込むことも度々ありますし、責任が大きく、間違いは許されませんから取引の際は毎回緊張するのですが、その分、人の役に立っていると実感できるやりがいのある仕事です。

チームとしての意識を持って働ける会社。
頑張った分を、
きちんと評価してもらえる環境です。

前職も不動産業界でしたが、会社の規模が大きかったんです。積和不動産東北も積水ハウスグループと言う意味では大きいですが、一企業としては、社員同士の顔が見える丁度良い規模だと感じています。社員一人ひとりに求められる働きも明確ですし、チーム力を発揮しやすいというか、全員野球のように自分も頑張らなくてはいけないんだという気持ちにさせてくれる会社です。その分、頑張ったことに対する評価も報酬も大きいですね。
また上司にも恵まれていて、後輩に良い社風や仕事の仕方を教えていくということが、会社の信頼や継続につながるんだと思えました。それだけ自分自身が大人になったということかもしれませんが、自分の目標に責任を持つだけでなく、後輩に対しても良い影響を与えられる人間でいたいと思うようになりました。せっかく縁あって同じ会社で働くことになった人に、良い会社だと思ってもらいたいですから。

学生へのメッセージ

やりがいが大きい仕事です。
ぜひ手を挙げて挑戦してください。

仲介営業は、緊張感があって責任があって、営業としてもやりがいを強く感じられる仕事です。経験や知識も必要ですが、必要なノウハウは一緒に学んでいけばいい。我こそはと思う方はぜひ手を挙げてほしいと思っています。

1日の仕事の流れ

9:00

始業

その日の予定にもよりますが、午前中は、メール対応やアポイント取りから始まります。

10:30

情報収集など

ほとんどの場合、ほぼ一日中外出しています。オーナー様にお会いするほか、金融機関・不動産会社・弁護士や会計士の方々にお会いして情報を収集します。

15:00

休憩(遅めのランチ)

その日の仕事の流れにあわせて臨機応変に。簡単にコンビニ弁当で済ませてしまうこともありますし、あえて遅い時間に休憩をとることもあります。

15:00

物件の調査、査定

物件を売り出すにあたり、現地に赴いて立地環境や近隣の状況、下水道・ガスなどのインフラを確認。写真の撮影も行います。土地の査定依頼への対応もします。

17:00

帰社・事務処理

査定書の作成や、契約書類のチェックを行います。物件情報をポータルサイトにアップしたり、チラシなどの販促資料を準備するのも大事な仕事。内務のメンバーと役割分担しながら進めていきます。

19:00

退社

OFF style

休日は子どもと遊んだり、
夫婦で仙台の名所めぐりをしています。

 

自分は無趣味なんですが…休日は子どもと一緒に遊んだり、妻と2人で出掛けたりしています。というのも仙台に来て3年目なので、まだ名所を巡ったりしているんです(笑)。車で温泉のあるようなところに行くのも好きです。先日は、こけしで有名な鳴子温泉にはじめて行ってきました。

積和不動産東北では、営業職および事務職を募集しています。
勤務条件など詳しくは、下記「募集要項」をご覧ください。