STAFF INTERVIEW5

上司や同僚に支えられて、
子育てと仕事を
両立してきました。

工事管理部/内務

熊谷 裕美

HIROMI KUMAGAI

2001年 新卒入社

2度の育児休業をとり、現在は時短勤務を利用。
急な休みにも対応できる
体制を整えてもらっています。

工事管理部は、賃貸住宅の外壁塗装や間取りの変更などの大きなリフォームやグレードアップ工事を担当する部署です。私は主にその見積り関係を担当しています。2012年に結婚して、2人の子どもを出産。現在は育児をしながら仕事を続けています。2回の出産で1年ずつ育児休業を取り、復帰後は時短勤務制度を利用して今は16:00までの勤務です。保育園の行事は土曜日にやることが多いので、スマートホリデーの子ども休暇もよく利用しますね。担当業務は私ともう1人の社員で連携し、必ず2人で情報共有して、急な状況の変化にも対応できるようになっています。
長女を出産する前は不安もあったんですが、先輩に「辞めるのはいつでもできるんだから続けてみれば」と背中を押していただきました。制度の説明も丁寧にしてもらいましたし、時間的に融通がききやすい業務の担当に変えていただくなど、働きやすい環境を整えてもらえたことにとても感謝しています。

仕事をしているからこそ生活に
メリハリが生まれ、
家族の時間を一層大事にしようと思えます。

仕事を続けていて良かったのは、生活にメリハリがあることですね。定時までは仕事に集中して、夕方からは子どもとのコミュニケーションや家事の時間。仕事を頑張ったから家族の時間も同じくらい大事にしようと思えます。毎日バタバタしてはいますが、それぞれに楽しさがありますし、働くことで自分のペースが作れているという感覚もあります。
大変なのは、子どもが急に熱を出したりした時。朝、急に休むことになると会社に申し訳ない気持ちになります。でも上司はいつも「分かった、大丈夫だよ」と受け入れてくれますし、同僚も「何かあったら言って」と協力してくれます。子どものいるパパも多いので事情はよく分かってくれていて、定時近くなると「時間だよ」と声を掛けてくれたりもします。自分からは言い出しにくい時もあるので、ありがたいですね。この会社には女性も多く、私と同じく育児中の方もいます。分かってくれる人がいるのはとても心強いです。

学生へのメッセージ

長い目で見ても、
働きやすい環境だと思います。

仕事を続けてきて、辞めようと思ったことが一度もないんです。人に恵まれていて、常に助けてもらってきたと感じています。学生時代はなかなか実感できないかもしれませんが、長い目で見ても働きやすい環境だと思いますよ。

1日の仕事の流れ

9:00

始業

業務は2人で連携して担当し、こまめに情報共有。急に休まなくてはいけなくなった時にも対応しやすい体制を整えてもらっています。

11:55

お昼休み

オフィスを空けられないので、当番制で時間をずらしてランチ。同僚と3~4人で外食することもしばしば。

13:00

午後の業務がスタート

時短勤務で就業時間が短い分、集中して業務を進行。とはいえ、いただいたお菓子をつまんで休憩したり同僚と雑談するような時間も、もちろんあります。

16:00

退社

2時間の時短勤務を利用して、16:00に退社。同僚が「もう時間だよ」と声を掛けてくれることもあります。

17:00

保育園にお迎え~帰宅

一度帰宅して夕飯の支度をしてから、娘のお迎えへ。1時間ほどの間に家事を済ませる夕方の時間は、やはり忙しい。

19:00

家族の時間

おしゃべりな娘たちに今日あった出来事を聞いたり、一緒に遊ぶ大事な時間。仕事をしているからこそ、より家族の時間を大事にしようと思えます。

OFF style

休日は家族の時間。
同期とはずっと仲が良く、
何でも話せる関係です。

休日は、子どもと公共の遊び場や公園に行ったり、パパの休みが合えば一緒に買い物をしたりと、家族の時間をしっかり楽しんでいます。
また、同期も全員仕事を続けていて仲が良いので、たまには、育児を主人に任せて仕事帰りに飲みに行くこともあります。一緒にいた期間は新入社員研修くらいなんですけれど、一番何でも言える関係ですね。

積和不動産東北では、営業職および事務職を募集しています。
勤務条件など詳しくは、下記「募集要項」をご覧ください。