STAFF INTERVIEW2

仕事もプライベートも
充実しているから、
毎日が楽しい。

仙台賃貸営業部 賃貸企画室/内務

佐藤 泉妃

MIZUKI SATO

2019年 新卒入社

入居者様のお問合せやご相談を受ける窓口。
営業担当や協力業者様と
連携して解決にあたっています。

賃貸の内務は入居者様の窓口です。契約書作成、入居中のお問合せや修繕依頼への対応、退去の受付やリフォームの手配などを担当しています。現地対応が必要な場合は営業に、修繕は協力業者様に依頼するのですが、入居者様は困っておられるので迅速で的確な連携が必要です。中には慌てたりお怒りだったりする方もおられますから、私達は真摯に対応して要件を正確に把握し、営業がスムーズに動ける状態を作ることを心がけています。また、契約に際しても、空き状況は常に変化しているので、営業や特約店様と情報交換しながら仕事を進めます。例年2~3月は特別に忙しいですね。でも全員で一緒に乗り越え、あっという間に過ぎる感覚。上司や先輩もよく声をかけてくれますし、辛いと思ったことはありません。
この仕事は入居者様と密に関わり、生活に不可欠な「住まい」を提供する仕事です。積水ハウスというブランドを信頼して入居される方も少なくありませんから、私達はその信頼にお応えする責任があると思っています。

入社の決め手は、福利厚生と会社の
雰囲気の良さ。
先輩の仕事ぶりに憧れて、
スキルアップしてきました。

私は最初別の業界を志望していたんですが、最終的には福利厚生と「人」で入社を決めました。休日は土日祝日、夏季・冬季休暇もしっかりとれて、有給休暇もとりやすいです。家賃補助も手厚くてほとんど負担がないくらい。事務職は転勤もなく、長く続けられる仕事だと思います。また、就職活動中、会社を訪問する度に和やかな雰囲気を感じていました。OBや採用担当者に相談をしやすかったですし、大変な部分も隠さずお話しいただいていたので入社後ギャップがなかったですね。
実際風通しの良い職場で、人がとても優しいんです。私は、ある先輩のスムーズな仕事ぶりやどんな方にも丁寧に電話対応する姿を理想に、こうなりたいと思いながら仕事を学んできました。目標があることは成長につながると思います。今は帰ってから資格の勉強もしているんですが、プライベートも仕事も充実しているから、毎日が楽しいのかもしれません。資格を取ることは自分の武器になりますし、所長が褒めてくれるのも励みになっています(笑)

学生へのメッセージ

就職活動中は、OB訪問などで
先輩社員の話を聞き、
会社のリアルな空気を
感じてみるのもおすすめ。

先輩社員と1:1で話してみると会社の雰囲気がわかります。私の場合、大学OBが他社より柔軟に対応してくれたのが当社を選んだ理由のひとつでした。率直に「忙しくて毎日があっという間」だと話してくれて、その時に「あ、充実してるんだ」と良い印象を受けたんです。

1日の仕事の流れ

8:00

出勤

地下鉄通勤なので、混雑回避の為に時差出勤しています。

始業

メールチェック・コールセンターから届く夜間緊急対応の確認

9:00

朝礼

部署内での情報共有と、積水ハウスグループ資料の読み合わせ。

電話対応

入居者様・オーナー様・法人様からの問い合わせに対応

11:55

お昼休み

ランチはいつも同期と外食しています。近くに美味しいイタリアンレストランがたくさんありますし、お店を開拓するのも楽しみです。

13:00

事務処理

入居契約書の作成・工事の発注・証明書類発行の為の来客対応・営業サポート業務。

17:00

終業

帰宅

帰宅後は自炊したり、資格の勉強をしたり、映画やドラマを観たりして過ごします。周辺に美容院等が多いので仕事終わりに行くことも多いです!

OFF style

今はなかなか旅行に行けないので、
美味しいものを食べるのが楽しみです。

ショッピングも旅行もしたいですが、コロナ禍ではなかなか遠くに行けないので、美味しいものを食べてリフレッシュしています。写真は、クリスマスに市内のホテルで食事した時のもの。最近はちょっと自炊にもハマっていて、早く帰って家で魚を焼いたりしています(笑)

積水ハウス不動産東北では、営業職および事務職を募集しています。
勤務条件など詳しくは、下記「募集要項」をご覧ください。